バーミヤン&ジョナサン

ye dataとは

ye dataとは主に2つの事業を展開しており「オプトメカトロニクス事業」や「情報通信ビジネス事業」を行っていています。様々なニーズに向けてサービスを提供している企業です。

サービス内容

ye dataは、[オプトメカトロニクス事業」においては光化学応用製品やロボット応用システム、塗装装置など、レーザー応用技術とメカトロニクス技術でのサービスを提供しています。

ye dataを利用しよう

自分でパソコンの修理が無理な場合、修理業者や企業に依頼することをオススメします。急なパソコンの故障でデータの復旧が必要な場合はye dataを利用しましょう。数ある中でも様々なサービスを展開しており、信頼の置ける企業です。

さまざまな現場で活用されていますよ!ファイル送信機能で作業効率化を図ることができますよ。魅力ある導入事例をこちらで紹介します。

安心の暗号化通信などあなたの大切なデータを守ってくれるセキュリティ抜群のファイルサーバクラウドをお探しの方はこちらへ。

情報社会となった現代では、情報通信が盛んに行われています。
大事なデータをパソコンで管理している人や企業も、それにともなって増えています。
しかしパソコンも時が立つに連れ、調子が悪くなっていく事があり、突然の故障などに悩まされる人も多いでしょう。
パソコンの修理は自分のできる範囲のものであれば良いのですが、もし大事なデータを保存していて、そのデータが消えてしまったりと、企業にとっては資料が作成できなくなったりとした場合一刻も早いデータの復旧が必要になります。
もし手に追えない状態になった時はデータ普及専門の業者に修理を依頼する事が確実であると言えます。

パソコンのデータ普及は値段が高くなる場合があります。
修理を行うものによっては値段が大きく違ってくるのです。
ハードディスクのデータを謝って消してしまったり、フォーマットしてしまったりといった場合になると「倫理障害復旧」となり、1~5万円の費用がかかります。
またハードディスクに衝撃を与えたり、水をこぼして故障してしまった場合、「物理障害復旧」となり、費用が4~数十万と言った費用になります。
USBメモリの復旧、メモリーカードの復旧の場合ですと容量の大きさなどで料金が変わってきますが、相場は1~10万円程度となっています。

業者によって、復旧料金の設定はまちまちとなっています。
また業者によって技術やサービスも変わってくるため、より料金が安くサービスの充実した業者を見極める必要があります。
業者選びに役立つのがインターネットでの口コミサイトです。
実際に修理業者を利用した人から情報を得られるため、より確実な業者選びができます。